人生を豊かにするためのホロスコープ占い

現役キャリアアドバイザー✖️占い師

おみくじで凶が出てしまった人へ~開運のコツ~

お久しぶりです。

しばらく本業が忙しく、更新頻度が落ちていました。

あっという間に2024年を迎えました。今年もよろしく願いします。

 

さて、年始なのでおみくじを引いた人も多いのではないでしょうか。

大吉であれば喜び、凶であればもう一度引き直す人もいるでしょう。

 

私は、おみくじはあまり意味のないものだと思っています。

運勢ランキングも同様です。

 

運勢はコインの表裏のように、同じものを違う角度でみているだけだと思うからです。

そのため、おみくじで凶を引いてしまった人も落ち込まないで。

ポジティブな思考で凶を大吉に変えていきましょう。

その思考をまとめました。

 

1.運勢は良し悪しではなく、大小である

ホロスコープ解説をみていると、よく大きなイベントの時の天体配置として以下が取り上げられます。

 

①コンジャクション

オポジション

 

これはどちらも凶相(書物によってさまざまかもしれません)です。

ですが、例えば、金星×太陽、金星×土星などが上記の角度を作っているときは結婚運の上昇と表されることが多いです。

 

一般的に良いことである結婚が凶相で表されています。

これに違和感を覚えるひともいるかもしれませんが、大きなイベントには大きなエネルギーが必要ということを意味しています。

ソフトアスペクトの穏やかさだけでは結婚に踏み切れないでしょう

 

そして、光があるところには自然と影があります。

 

結婚の陰にあるものは、

・もう新しい恋をできない人生の訪れ

・家族を守る責任とプレッシャー

・ライフイベント発生によるストレス

などがあげられます。

 

 

(ライフイベント発生のストレスに関してはこちらの記事でも触れています)

www.hoqomania.com

 

良いことでも、その大きな光の加減分、大きな闇が潜んでいます。

そのため運勢は良い悪いではなく「大小」で考えるのが理にかなっています。

 

となると、大吉=凶だと思っても良いでしょう。

 

2.じゃあ小吉くらいがいいの?前項を読むとそんな考えも出てくるでしょう。

これに対しての答えは「NO」です。

 

穏やかな日々は過ごしやすいですが、退屈を感じさせます。

(中には結婚や昇進がなく不運な人生と思ってしまう人もいるかもしれません)

 

また、刺激やストレスがないと成長することが難しく、困難が立ちはだかったときに折れてしまう可能性があります。

 

しかし、この「NO」は小吉が凶や大吉に比べて悪いと言っているのではありません。

優劣がないという意味での「NO」です。

 

考え方としては、

「今年は穏やかな運勢だから、今後起こる人生の大きな動きに備えるぞ」

くらいの考え方がベストでしょう。

 

3.ポジティブ変換の癖をつけよう

 

「凶がでても(運勢が12位でも)気にしないで」といって、気にしないでいられる人はこの記事を読まないですよね。

そんな人は、一つ先をポジティブに考える習慣をつけるのをおすすめします。

 

・好きな人に振られてしまった→もっと素晴らしい人に会えるチャンスがある

これは実体験で、当たり前のことかもしれませんが、別れるたびにいい人に出会い、今の彼氏が人生で一番最高です

・仕事で怒られた→ここを直せばもっと伸びる、良くなる方向性が明確だ

怒られるということは改善点が明確で良くなる見込みがあるということです。本当に仕事ができない人は、何がその原因になっているかわからないことがしばしばあります

・お金がない→節約術やお金の勉強を自然とできている

人って必要に駆られないと中々やらないものです。私は積み立てNISAもふるさと納税も年収が下がったのをきっかけにやりはじめました

 

 

なんでも良いので、嫌なことの裏側を考えてみてください。

繰り返しやっているうちにポジティブになれます。

 

そして、どんなことにも負けない強いメンタルが育っていることを感じることができるでしょう。

 

この考えさえあれば、占いやおみくじに振り回されることはありません。

新年早々、おみくじで凶が出て肩を落としている方に届けばいいなと思い書きました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。